ウミガメのさと浜(砂浜)を守ることが、私たちはもっとも適切な保護活動だと考えています。

既にアカウミガメなどウミガメを、もっとも有効に守るのは、陸域でできる活動としては「砂浜」を守ることだと考えています。もちろん、ウミガメの生態を知るための調査は、地道に継続的に続ける必要はあります。しかし、その調査も出来るだけ生態に負荷をかけないように、務めるべきです。
私たちができる保護活動として、表浜ネットワークは「ウミガメのさと浜づくり」という取り組みを行っています。それはウミガメの発生(生まれる)する環境である、唯一の砂浜という自然を守ること。もしくは、少しでも返してあげることが出来るのなら、その砂浜を自然に戻して返してあげようと。子ガメに着目しがちですが、その卵をシーズンに500個近く産卵する親のウミガメに自然の砂浜を返してあげるだけで、その後も何十年も産卵が続くのです。今在る産卵できる環境を守り、少しでも自然の砂浜を再生し、返してあげることが大切なのではないかと思います。

アカウミガメの足跡。8回も波消しブロックに突き当たり、折り返した。

砂浜で何が起きているのか。この足跡を見て、想像できます。私たちは何をうばってしまったのでしょう?

母親ウミガメのアクシデント

上陸しても、産卵を行う砂浜が無い。そして、海に帰ろうとした親ウミガメを捕らえてしまったモノは・・・毎年、犠牲になっているウミガメ。この場合は運良く生存中に見つけることが出来ましたが、既に死んでしまっているケースも多々。

それではどうやって砂浜を守ったり、返してあげるの?

砂浜は確かに守るとしても、何から手をつけていいのか、漠然として大変です。まずは砂浜の仕組みを知る必要があります。砂浜の砂は海岸では「波」「風」で動きます。海の中は当然、私たちの手では直接的に関わることは出来ません。砂浜として関わるのは陸側、そう、風を利用する事になります。陸上の砂浜(実は海の中まで砂浜は続いています。外浜、沖浜と連続しています)は風が砂を運んでいます。その風を弱めるだけで、風は砂を放出します。放出された砂は時間が経てば、その場所に堆積します。この風を弱めるということを、垣根で行うのです。風速20mぐらいの風で、飛砂は約10cm程度(粒径や重さによって変わります)その程度の高さの障害物を浜辺に設置すれば、風が速度を落とすことで砂を放出し、それがやがてマウンド状に堆積するのです。その堆砂(砂が堆積する状態)はやがて、垣根を埋めるほどになります。埋まりきってしまったら、今度はその上に垣根を設置するのです。(堆砂垣の素材は自然に還元することに留意)その行いを繰り返すことで、堆砂がマウンドを大きくし、それが徐々に安定することによって砂丘に変わって行きます。※堆砂の山をボタ山と古くから呼びます。

砂丘は海側にあたる砂浜が、侵食した場合、補完し合う関係にあります。(海側は沿岸砂州)言わば砂をストックしていると考えることが出来ます。局所的でも、砂をストックさせることで、侵食傾向の砂浜を保全する働きを持たせることになります。また、障害となってしまった人工構造物を局所的に砂で埋めて、障害を緩和させることが出来ます。

堆砂垣の設置作業の様子

堆砂垣による養浜

堆砂垣とは砂を留める垣根です。それは目的によって静砂垣砂防垣と呼ばれている垣根(Sand fence)と同じ働きです。静砂垣の場合は主に砂の動きを封じ込める働きがあります。砂防垣は陸域に進出する砂を留め防ぐ目的です。目的は違えど、働きは同じということを理解しておけば、色んな条件に於いても適切に使えます。
動的な環境である砂浜を養浜する柔軟な方法である堆砂垣は限られた箇所の効果であり、埋もれていくことを肯定し、自然の素材を使うこと。自然還元な素材で行う養浜であることが大切です。

※本来は堆砂垣は埋もれたり、波に流されたり、壊れたりすることも前提としています。それが動的な環境に適している条件でもあると考えています。

砂浜は動的な環境セル(一つの細胞のように働く)

砂浜は動的な環境と言われています。その意味は、陸と水(海水)をつなぐ、環境と考えると理解しやすいです。陸は固体、海水は液体、まるで違う物質の両方の性質をうまくつなぐのが、「砂」というどちらの性質も、持っている物質なのです。その砂浜の性質を理解し、自然の力を少しだけ、手を加え、助長するだけで、自然の砂浜は回復します。自然回復の性質は、まさに動的(砂が自由に動く状態)であるということが、とても重要です。

ビーチ・プロセス。砂浜の砂は波と風で動きます。

飛砂の様子

まるで砂浜が砂の川になってしまったように、砂が風によって流れます。

このような砂浜の砂の循環・収支システムを利用して、少しだけ人の手を入れて砂浜を箇所的に補強したり、補ったりする作業を養浜(養う浜)と言います。この方法は古来から行われており、人の手で柔軟に行えることと、砂浜の状況を見ながら行える利点があります。コンクリートなどを使った場合は効果は直ぐに期待出来るかも知れませんが、何か間違いがあった場合、なかなか方法を切り替えることは出来ません。動的な環境に柔軟に応えるというのが、人の手で出来る養浜活動です。

堆砂垣

海岸によっては季節風の時期や角度がもちろん違います。海岸の向きによって、当然、風向きが違います。さらに風の速度も違います。その海岸に合わせた設置方法を見出す必要があります。また、堆砂垣では無い方が良い場合もあります。その環境に合わせて、粗朶や草方格など選ぶと良いでしょう。(粗朶、草方格は後に説明致します)

堆砂垣の制作マニュアル_1

設置場所は、前砂丘、もしくは浜崖部に行うと良いでしょう。

汀線に近づけるほど、飛砂を受け止めますので効果は期待出来ます。しかし、高潮や波浪時は流出しやすいことも検討しておく必要があります。※各海岸の条件によって違いはあります。

海岸線に対して、堆砂垣の設置の一例

風向きなどとの関係も知っておく必要があります。設置角度により、堆砂に傾向が現れます。

背景的な環境に合わせて

堆砂垣の効果

もちろん、台風など波浪時には、堆砂垣も流されてしまうこともあります。それは汀線に近づくほど、砂の動きは大きいことから、効果も汀線に近づくほど出てきます。逆に流される可能性も高くなります。その都度、浜辺の状況を見極めながら、養浜を行うということになります。この養浜を2〜3年ぐらい続けると、砂丘も安定し始めます。海浜植生が拡がれば、それがさらに飛砂を受け止め、砂丘として拡張し始めます。

堆砂垣の効果

また、堆砂垣などにはもう一つ、重要な役割があります。それは海浜植生の根付きを助ける効果があると言うことです。風でなかなか植物の種子が定着しないところを、堆砂垣によって安定化させる効果が期待出来るということ。但し、逆に陸生の雑草などの侵入には、充分な配慮が必要になるということも留意しておきましょう。陸域から一定の距離を離れて、堆砂垣を設置する必要があります。

堆砂垣と海浜植生

草方格という、もう一つの養浜

堆砂垣は高さがあり、その場所で砂を箇所的に堆積させる効果が期待出来ます。しかし、垣根が埋もれるのも時間が掛かったり、垣根自体が壊れたりすると、ある意味目障りな存在になりかねません。砂浜が常に動的であるということを考えてみると致し方無いのです。そんな場合を避ける手段として、面的な方法で養浜を行う方法が草方格と言えるのでしょう。草方格とは葦など、比較的に柔軟な草茎などを使って行う養浜方法です。草方格は元々、砂漠などの緑化に使われていました。砂を動かさないという効果が、植生の定着を促進させます。

草方格

草方格(Dune Grass Grid)

設置方法の一例です。また、葦ではなく、他の利用しやすく、砂浜に影響を与えない植物でも可能です。

草方格のマニュアル

草方格の設置作業の様子、

グリッド状、列状と目的に合わせて、効果を期待します。もちろん、葦束の間隔なども広げたり、狭めたりすることで、調整が可能です。

草方格

草方格

2016年11月08日の赤羽根草方格

赤羽根の草方格

赤羽根草方格

赤羽根の草方格

草方格にコウボウムギ

小規模での可能です。このように局所的な使い方や、堆砂垣との組み合わせも可能です。

小規模な草方格の一例

さらに簡単に、粗朶という方法もあります!

粗朶とは間伐材などを利用して、砂浜に埋め込むだけの作業です。そう、風さえ、弱める効果が期待出来れば、実はそれほど拘る必要もありません。ただ、しっかりと認識しておかないといけないのは、自然に還元する素材であると言う事です。砂浜に埋もれて腐食分解され、自然に吸収される素材であるということです。

海岸を守る地域のメンバー

資料制作:NPO法人表浜ネットワーク

編集:NPO法人表浜ネットワーク 田中 雄二