Home > Omotehama Report > | 海の生物多様性 > 表浜沖のアイコン

表浜沖のアイコン

namekuji11.jpg
アカウミガメも確かに表浜の魅力あるアイコン。砂浜が無ければ産卵が出来ません。そして今日はもう一つの表浜のアイコンと出会うために表浜沖に向かいました。それは沖の浅い海に生息するナメクジウオです。長年、窪川教授(東京大学海洋研究所)が大きなナメクジウオの群生地として渥美半島沖合いを調査されています。その窪川研究室のお手伝いとして調査に同行させて頂きました。ナメクジウオは適度な粒径の砂地と綺麗な海水が必要な生息条件。その意味でも、大切な環境と言えますね。
今回はお手伝いということで同行させて頂きました。赤羽根漁港から出港。
mon006.jpg
目指すは浅い砂地が拡がる海域。水深は約20mほどだそうです。
mon011.jpg

mon015.jpg
窪川研究室のみなさんと。
namekuji06.jpg
準備に取りかかります。
namekuji03.jpg

namekuji05.jpg

mon019.jpg

mon021.jpg
採集用の仕掛けを引き上げて、振るいながらナメクジウオを採集します。
namekuji08.jpg
かなりの数が生息していますね。サイズも大きいのだそうです。この環境がよほど良いのでしょう。
namekuji09.jpg

mon051.jpg
大きなウミシダです。優雅に泳ぐ姿は魅力的
mon083.jpg

namekuji14.jpg

mon047.jpg
落鳥の多いハシボソミズナギドリ。沖合いで飛び回っていました。
mon052.jpg

mon053.jpg
赤羽根漁港に帰港です。お疲れ様でした。
mon104.jpg

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.omotehama.net/mt/mt-tb.cgi/409
Listed below are links to weblogs that reference
表浜沖のアイコン from Omotehama_Blog2013

Home > Omotehama Report > | 海の生物多様性 > 表浜沖のアイコン

About

このサイトはNPO法人表浜ネットワークの

2013年度表浜海岸レポートサイトです。

NPO OmotehamaNetwork

2011REPORT of E

Categories
Archives
Search
Tag Cloud
Feeds

Return to page top