表浜沖のアイコン

namekuji11.jpg

アカウミガメも確かに表浜の魅力あるアイコン。砂浜が無ければ産卵が出来ません。そして今日はもう一つの表浜のアイコンと出会うために表浜沖に向かいました。それは沖の浅い海に生息するナメクジウオです。長年、窪川教授(東京大学海洋研究所)が大きなナメクジウオの群生地として渥美半島沖合いを調査されています。その窪川研究室のお手伝いとして調査に同行させて頂きました。ナメクジウオは適度な粒径の砂地と綺麗な海水が必要な生息条件。その意味でも、大切な環境と言えますね。
今回はお手伝いということで同行させて頂きました。赤羽根漁港から出港。

mon006.jpg

目指すは浅い砂地が拡がる海域。水深は約20mほどだそうです。
mon011.jpg