豊橋市長からの海民プロジェクトメッセージ

toyohashi2.jpg

2012年、東アジア海域の繋がりと交流を再認識する目的にて、学民のプロジェクトとして「海民プロジェクト」を実施致します。
まずは2012年6月29日に韓国は麗水市にて開催されている麗水国際博覧会にて「海民シンポジウム」を軸に九州大学、済州大学、海民プロジェクト九州、そして愛知からはNPO法人表浜ネットワークが協同で開催します。このプロジェクトでは、日本・韓国・アジア太平洋各地の自然史や歴史、民俗の中に埋め込まれた海民の断片的な足跡を、それぞれ持ち寄り、広域的な視点から符号させていくことにより、「海民」のダイナミックなつながりをさぐることを目的とします。さらに、地域の課題や可能性を、地球環境、気候変動、持続可能性、生物多様性などのキーワードのもと国際的な文脈でつなげ構築していきます。
そして愛知からは「愛・地球博」のテーマである「自然の叡智」をメッセージとして伝えていきます。
麗水国際博覧会に愛知から「自然の叡智」を伝承するために、豊橋市長からのメッセージを頂きました。

toyohashi1.jpg
韓国麗水海洋万国博覧会における、シンポジウム「海民プロジェクト -海でつながる地域、人そして未来へ-」の開催、誠におめでとうございます。
 我が国は、四方が海に開けているおかげで、多様な生態系を持つ里の海から、多くの自然の恵みを受け、豊かな生活を育むことができています。
豊橋市も同様に、南に太平洋(表浜)、西に三河湾が開けており、夏の太平洋の砂浜(表浜)には、かわいらしいお客さん、アカウミガメが産卵のためにやってきます。 また、白砂青松の自然な造形を残す全国でも有数な海岸の一つでもあります。
一方、内海である三河湾はアサリを中心とした漁業資源の宝庫でもあり、今回のシンポジウムは、こうした海の自然の素晴らしさと人間の係わりについて、改めて考える貴重な機会であると考えています。
このような素晴らしい会場で、豊橋市の表浜を中心に、海岸環境の保全、海洋文化についてご活躍の「NPO法人 表浜ネットワーク」が、世界の人々に向けて、海と人の文化を通じ沿岸と海洋の持続可能性をさぐる「海民プロジェクト」を発信されることは、大変、意義深いものであります。
最後に、関係各位の並々ならぬご尽力に敬意を表すとともに、今回のシンポジウムのご成功をお祈りし、私のメッセージといたします。
豊橋市長 佐原 光一