愛知県知事からの海民プロジェクトメッセージ

aichi09.jpg
2012年、東アジア海域の繋がりと交流を再認識する目的にて、学民のプロジェクトとして「海民プロジェクト」を実施致します。
まずは2012年6月29日に韓国は麗水市にて開催されている麗水国際博覧会にて「海民シンポジウム」を軸に九州大学、済州大学、海民プロジェクト九州、そして愛知からはNPO法人表浜ネットワークが協同で開催します。このプロジェクトでは、日本・韓国・アジア太平洋各地の自然史や歴史、民俗の中に埋め込まれた海民の断片的な足跡を、それぞれ持ち寄り、広域的な視点から符号させていくことにより、「海民」のダイナミックなつながりをさぐることを目的とします。さらに、地域の課題や可能性を、地球環境、気候変動、持続可能性、生物多様性などのキーワードのもと国際的な文脈でつなげ構築していきます。
そして愛知からは「愛・地球博」のテーマである「自然の叡智」をメッセージとして伝えていきます。
aichi04.jpg
麗水国際博覧会に愛知から「自然の叡智」を伝承するために、愛知県知事からのメッセージを頂きました。
aichi12.jpg
愛知県知事メッセージ
「海民プロジェクト ―海でつながる地域、人そして未来へ=」の開催おめでとうございます。
島国である日本に生きる私たち日本人は、古代より、海からの豊かな恵みを受け、それを活かした独特の食文化と産業を育み、暮らしを営んできました。
アジア太平洋の数々の国々においても同様に、それぞれの特徴ある文化を築いてこられたことと思います。
私たちは、皆、海の恵みを享受しながら生きる「海の民」であることを、改めて気づかされた思いがいたします。
この度のプロジェクトは、アジア太平洋に生きる、多様な「海の民」のネットワークをつうじて、私たちの暮らしや海洋の自然の共生のあり方を探ることによって、持続可能な発展を目指していこうとするものであると推察いたします。
土地にも、海にも国境はあります。しかし、人類の生存にとって必要不可欠な資源でもある「海の生態系」には、国境はありません。
人類の持続可能な発展を実現していくためには、国境を越えた人のつながりによって、「海の生態系」を守り育てていく必要があるのです。
そのような意味で、今回、「生きている海、息づく沿岸」をテーマとする韓国麗水海洋万国博覧会において、このようなシンポジウムが開催されることは、大変、意義深いものであると考えます。
同時に、このシンポジウムの主催者として、私ども愛知県をフィールドとして活躍している「NPO法人 表浜ネットワーク」が重要な役割を担われたことを、大変、喜ばしく思います。
私ども愛知県は、モノづくりを中心に、日本を代表する産業県であります。2005年には、「自然の叡智」という、史上初めて環境をテーマとする万国博
覧会である「愛知万博」を開催し、2010年には、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を開催しました。
COP10では、世界目標として「愛知目標」が採択されたこともあり、県民や企業、行政による環境への取組は極めて高い水準にあると自負しております。
来る2014年には、「国連持続可能な開発のための教育の10年最終年会合」が、私ども愛知県で開催されることになりました。本日ご参加の皆様が、2014年には、私ども愛知県にお越しいただき、交流が深められることを、心から楽しみにしております。
最後に、今回のプロジェクトのご成功をお祈りして、私のメッセージといたします。
愛知県知事  大村 秀章