環境省モニタリング1000

data023.jpg

今期もやってきました、環境相モニタリング1000調査です。今期も赤羽根の海岸に3箇所、選定した砂浜・砂丘に温度計測用のデータロガーを設置しました。この事業は環境相、日本ウミガメ協議会の連携事業です。砂中温度は孵卵に於いてはもっとも重要な条件。この評価を継続して調査していきます。
赤羽根の海岸

data033.jpg

砂丘の環境を3タイプに分類して設置しています。
data032.jpg
data034.jpg

data035.jpg
毎年、ほぼ同じ場所に設置。GPSでしっかりと記録。
data013.jpg
設置深さはおおよそ、40〜50cmほど。
data017.jpg
data018.jpg
data019.jpg
NO.1投入完了
data021.jpg
NO.2
data043.jpg
投入
data044.jpg
data050.jpg
data051.jpg
data053.jpg
data052.jpg
NO.3 投入
data056.jpg
data061.jpg
data062.jpg
投入完了。今期も流されること無く、記録できればと願って11月まで記録します。
data063.jpg
data070.jpg
data071.jpg
data072.jpg
data076.jpg
data087.jpg
data077.jpg
data078.jpg
data079.jpg
data080.jpg