Activity of Omotehama network

活動内容

調査活動:アカウミガメ・砂浜の調査

アカウミガメの調査の様子北太平洋のアカウミガメは、繁殖地の北限が日本だということはあまり知られていませんが、ここ表浜海岸では毎年数十回の産卵がされています。私たちは、このアカウミガメを砂浜環境の指標とし調査を行っています。
私たちの活動は、ウミガメと砂浜の調査・研究をベースに様々な活動に展開しています。

詳細はこちら>>

海洋・沿岸域保全に関する活動

オーシャンミーティングの様子表浜の海洋、沿岸域を保全する為、表浜海岸から黒潮のつながり、さらに太平洋のつながり求め、国際的な視野で考える地域活動を行っています。地域の活動も情報発信が必要です。国内外の情報や他の地域の事例、また他の団体との連携により、解決策などを見出す事が出来ます。

詳細はこちら>>

表浜エクスカーション

表浜エクスカーション表浜の海岸環境のみならず、渥美半島の歴史、海洋文化を掘り下げるなどストーリー立てた企画でご案内します。講師や現地ガイドの話に耳を傾けながら自然を感じて頂き、また地域の味もお楽しみです。

詳細はこちら>>

環境教育

環境教育親ガメの産卵シーンや、子ガメが地上に這い上がるシーンが映像で見られるウミガメと砂浜の学習会、砂浜で植物や漂着物のビンゴ、その他クイズや裸足でドッヂボールなどを行います。地域の子ども達が表浜海岸を体験し、アカウミガメと同じようにふる里になることを願っています。

詳細はこちら>>

砂浜再生プロジェクト

砂浜再生プロジェクトウミガメを含む動植物や、海岸の利用にとっても重要である砂浜づくり行います。冬の間の強い季節風を利用して砂を溜める堆砂垣という垣根を作りますが、お天気の良い日は少し汗ばむほどの作業になります。子どもの環境教育でも行っていますので、小学校中学年以上から参加出来ます。是非、親子で参加してみて下さい。

詳細はこちら>>

海岸清掃と海ゴミ調査

海岸清掃と海ゴミ調査海岸清掃と海ゴミ調査の様子です。海岸にあるゴミを細かく分別し、どんなものが漂着するのかを調べます。ハングル文字のペットボトルや中国語の浮きも時々見られます。海のゴミもただのゴミと捉えずに、それが何なのか、どこから来たのかなどを想像すると楽しいですよ。キレイな貝殻も見つける事が出来ます。

詳細はこちら>>

関連リンク
JEANのサイト

表浜ビーチスクール

表浜ビーチスクール表浜海岸には多くのサーファーが県内外から訪れます。釣り人も多く、夏のピーク時には1万人もの人で賑わいます。この事業は、サーフィンを広めたいというサーファーと、海岸の利用という面で表浜のサーフィン文化を継承するイベントです。

詳細はこちら>>

味わって知る表浜

味わって知る表浜遠州灘は豊かな漁場に恵まれ、ここで捕れた魚が主に関東へ運ばれて行きます。渥美半島でも魚屋は殆どなくなり、地元の魚を販売するスーパーも限られていますので、鯛やスズキ、トラフグやイナダなど多くの種類が水揚げされていることを知らない地元の人は少なくありません。野菜だけでなく魚も地産地消を消費者から求める事が重要です。
みんなでワイワイ魚料理を楽しみましょう!

詳細はこちら>>

インターンシップ事業

インターンシップ事業表浜の農業研修は、地域で連携する農業者の協力で米作りや沢庵作りを行いました。米や大根を稲架がけで天日干しと言った昔ながらの手間をかけ、全国を制覇した渥美沢庵を再現しました。

詳細はこちら>>

東北支援活動

東北支援活動東日本大震災後、支援物資などの救援活動を行って来ましたが、月日が経ち、被災地の状況も大きく変化しました。被災地支援は、現地の状況を確認し支援の方法も変えて行くことが必要です。現在は、自立支援と現地の方が出来る精神面でのサポートを支えていますが、私たちが出来る事は微力です。それでも、出来る事を続けることが大切です。
私たちも人ごとではありません。東日本の被害を忘れない事が、被災地の支援に繋がります。

詳細はこちら>>