Past activities and History

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沿革とこれまでの活動

1986年:前代表、現名誉理事の加藤弘がアカウミガメの調査を始める。
1996年:任意の団体として表浜ネットワークを立ち上げ、メーリングリストを始める。
2000年5月12日:(小島海岸)ウミガメおいでん祭
2001年5月20〜21日:(細谷海岸)ウミガメおいでん祭
2002年5月12日:(東細谷海岸)ウミガメおいでん祭 東日新聞
2002年1月20日:第1回表浜シンポジウム開催「水域環境をめぐる学習活動等の成果公表支援」事業 冊子制作発表会
2003年12月5日〜7日:日本ウミガメ会議を誘致 豊橋会議
2004年:表浜海岸の利用と津波防災意識に関するアンケート 豊橋技術科学大学との協同事業
(個人、サーフショップなどにチラシを配布・インターネットを使用)
地震が発生すると、浜名湖から伊良湖岬にかけての太平洋沿岸(通称表浜海岸)には大きな津波が来ることが予想されていますが、地元の自治体では、対策として海岸利用の実態や利用者の津波に対する意識の把握が十分とは言えず、豊橋技術科学大学海岸工学研究室と協同し表浜海岸の海岸利用の実態を明らかにするとともに、津波に対する利用者の防災意識を調査。
2004年12月19日:豊橋南部環境フォーラム2004
細谷町、東細谷町、西山町の代表者が各地域が抱える環境問題の現状を発表。表浜ネットワークからは、豊橋南部の未来について発表。
2004年:代表が田中雄二に変わる。アカウミガメの調査を再開
2005年7月4日:特定非営利活動法人表浜ネットワークとなる。事務所を愛知県豊橋市曙町に設置
2005年1月22日:第2回表浜シンポジウム「表浜の津波に対する避難演習とシンポジウム」
表浜の津波に対する避難演習とシンポジウム
豊橋技術科学大学・豊橋市・豊橋サーフィン協会との共催で、海岸利用者を対象とした知識と情報を共有することを目的に開催。
2005年3月5日:セミナー実施「汐川干潟と杉山町の未来」
NPO法人藤前干潟の代表辻敦夫氏による、名古屋市のゴミ埋め立て予定地から干潟を守り、名古屋市制の方向をも変え、ゴミ減量政策まで導き出した藤前干潟のし美運動「藤前干潟を守る会」。如何に干潟を資産として認識を持ち、ラムサール登録地にしてそこから何を目指しているのかを講演会を開催。
〃 :NPO法人表浜ネットワーク設立総会と特別講演会
2005年10月2日:第1回表浜おいでん祭
過去3回にわたり行って来た「ウミガメおいでん祭」を拡大し、豊橋市市制施行100周年記念事業として豊橋市共催のイベントを開催。アカウミガメ教室や地曳き網、ビーチフラッグス、サーフィン教室など行い、また表浜海岸マップも制作配布し豊橋市内外に表浜海岸をPR。
2006年1月29日第3回表浜シンポジウム開催「〜表浜まるごと博物館構想・ラムサール条約登録を見据えて〜」
2006年4月22〜23日 第1回表浜エクスカーション
2006年10月30日 第2回表浜エクスカーション
2006年7月28日 第2回表浜おいでん祭
2007年4月21日 第4回表浜シンポジウム
2007年:第3回表浜おいでん祭
2007年8月21日 事務所を愛知県豊橋市寺沢町に移転
2007年8月26日 デンソーECOレンジャー21in表浜
2007年11月30日 社団法人名茗渓会 第6回社会貢献活動功労者受賞
2008年4月26〜27日 第3回表浜エクスカーション&第5回表浜シンポジウム
2008年6月05日 生物多様性締約国会議COP9ドイツ、ボンに研究員を派遣
2008年8月1日 表浜おいでん祭&24時間TV(伊古部海岸)
2008年10月26日 湿地条約韓国スンチョンCOP10に研究員派遣
2009年3月8日 デンソーDECOウォーク表浜開催
2009年4月25日 第4回表浜エクスカーション
2009年5月24日 第6回表浜シンポジウム
2009年5月30日 デンソーECOレンジャー21in表浜
2009年12月14日 国土交通省中部地方整備局 第10回中部の未来創造大賞優秀賞受賞
2009年6月7日 表浜おいでん祭&24時間TV協同開催(谷の口海岸)
2009:PEMSEA年東アジア海域会議ESAに参加発表
2010年1月31日 環境省主催「重要生態系監視地域モニタリング推進事業モニタリングサイト1000シンポジウム」にパネリストとして参加
2010年1月16日〜17日 第5回表浜エクスカーション&第7回表浜シンポジウム
2010年4月25日 デンソーECOレンジャー21in表浜
2010年7月19日 第6回表浜エクスカーション&第8回表浜シンポジウム
2010年9月9日 愛知県主催 「全国なぎさシンポジウム in あいち」豊橋公会堂 開催 報告パネリスト参加
2010年10月18日〜29日 生物多様性条約第10回締約国会議 参加
22日 国土交通省中部地方整備局主催「Life with Dynamic Sand – From steep mountains to the open oceanーダイナミックな大地に生きる ?急峻な山地から外洋までー」に報告・パネリストとして参加
23日 生物多様性条約事務局、地球環境ファシリティ(GEF)及び海洋政策研究財団主催:オーシャンデイアットナゴヤに参加
25日 水産学会「Global Marine Ecosystems」に報告・パネリスト参加
27日 会場内でのサイドイベント「COASTLINE AND SHALLOW SEA」主催
29日 名古屋学院大学でのサイドイベント「オーシャンイニシアチブ」海洋から流域へ そこから見えて来るもの:主催
2010年12月11日〜12日 第7回表浜エクスカーション
2010年8月1日 表浜おいでん祭&表浜ビーチスクール
2010年11月8日 デンソーDECOウォーク
2011年4月16日 トヨタ:ウミガメの里浜づくり
2011年8月21日 表浜ビーチスクール
2011年8月26日 TOYOTA表浜パトロール体験
2011年10月29日 ウミガメが来る砂浜を体験しよう!
2011年10月30日 デンソーハートフルデー海ゴミプロジェクト
2012年6月29日 韓国麗水万博 九州大学、済州大学NPO法人、表浜ネットワーク主催:「海民プロジェクト」
2012年9月30日 デンソーハートフルデー2012
2012年11月10日 九大、済州大、NPO表浜ネット主催:海民シンポジウムin済州島
2013年3月20日 OPRF海洋政策研究財団ニューズレター投稿
2013年3月30日 TOYOTAウミガメのさと浜をまもろう!
2013年8月 4日 デンソーECOレンジャー21
2013年8月25日 トヨタウミガメ観察会
2014年1月25日 表浜ネットワークが第13回日本自然保護協会 沼田賞を受賞
2014年3月23日 TOYOTAウミガメのさと浜づくり
2014年5月21日 表浜まるごと博物館オープン
2014年6月20日 生物多様性国際会議SBSTTA18 モントリオールに参加
2014年7月26日 トヨタ翔の会海岸清掃ハイキング
2014年10月 9日 生物多様性締約国国際会議COP12平昌会議に参加
2009〜2015年環境省モニタリング1000 日本ウミガメ協議会 NPO法人表浜ネットワーク
遠州灘ウミガメ会議 主催
受賞
2009年 社団法人名茗渓会
第6回社会貢献活動功労者受賞
2009年 国土交通省中部地方整備局 第10回中部の未来創造大賞優秀賞受賞
2014年 日本自然保護協会沼田眞賞受賞

http://www.omotehama.net/content/
http://www.omotehama.net/marugoto/

活動報告表浜ブログ
http://www.outdesign.net/omotehama/
http://www.omotehama.org/report07/
http://www.omotehama.org/report08/
http://www.omotehama.org/report09/
http://www.omotehama.org/report10/
http://www.omotehama.net/Report/2011/
http://www.omotehama.net/Report/2012/
http://www.omotehama.net/Report/2013/
http://www.omotehama.net/Report/2014/