SandyBeachSystem

緩衝域としての砂浜と海岸線

日本の海岸線は島嶼も含め、約3万5,295km※1となり、延長距離が世界でも6番目の長さと言われています。そして国土の面積で割ると島嶼の多いフィリピンに次いで日本は二位となります。さらに日本の特徴として地形を考慮すると、3,000m級の急峻な山岳部から、とても短い距離で海に達するということになります。このことは陸域と海が如何に密接に繋がっているかと理解しても良いのでしょう。
%e7%a0%82%e6%b5%9c%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%a1%e3%81%ae%e3%82%86%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%94_ncic-015
日本全国の海岸線、総延長距離は約32.799.02km(平成10年環境庁)では自然海岸は全体の約53%とされています。意外に多いなと思うかも知れませんが、実際には人の住んでいない島嶼の海岸線が含まれており、本州など主な海岸線では実際にはさらに自然海岸は少なくなります。
全国の海岸区分(本州)
島嶼
全国の海岸区分(島嶼)
さらに海岸の構成を考えると砂浜は約20%となります。
全国の海岸区分
この海岸区分も実に平成10年(1998)の調べです。(空撮による目視評価)現在の事を考察すると、この状況から、かなりな長さの自然海岸が失われていることは間違いありません。さらに20%の砂浜の内、アカウミガメの産卵場として考えると、日本列島の太平洋側の西部に限られるとなります。いかに限られた存在であるか、理解が必要です。

日本の海岸線

その理解は今や、川から海へと異なる環境を繋げる水系ということで深まった感はあります。しかし、肝心な長い距離を持っている海岸線への意識は未だに理解が出来ているかというと、実に乏しい現実があります。その長き海岸線に於いては、自然海岸の割合は平成10年の報告※2ではおおよそ、53%となっています。この割合を実に現場で海岸線に関わっている者からすると意外に感じることでしょう。おそらく、53%の海岸線はほとんどが島嶼にある海岸線であり、特に本州のような大きな島では実感として今や一桁程度なのではないかと懸念されます。その内、自然の砂浜となると実にその2割り程度にも満たないこととなるでしょう。

なぜ、今、海岸線のことを取りあげるかというと、実に陸域と海洋という、まったく異なる物質の間にあるのが砂浜という環境であるからです。この環境は常に波と風によって動き、循環と収支によって自己再生される緩衝域であるからです。そしてこの環境は、陸域からの水、伏流水などを含み、広域に面的な形で海へとミネラルを与えている環境でもあります。その環境に多くの間隙生物や、浅海の底生生物などを支え、この分解を行う生物群を基本とした沿岸から海洋の生態系を築いているからです。もちろん、砂浜を発生の場とするアカウミガメなどウミガメ類も、唯一の産卵場として利用しています。

アカウミガメ

その緩衝域である砂浜を含む海岸線は未だに埋立など開発の脅威にさらされています。単調な景観を持つ砂浜は、ほとんどの生物は隠れており、埋め立てても問題の無い空間と、多くの誤認をされています。駐車場や港湾施設、そして昨今は震災以降の巨大防潮堤や沖縄では基地などの開発にさらされています。本来は自然災害などをやわらげる能力を持つ自然の砂浜海岸なのですが、土地の利用制限などによって、防潮堤などの設備は海側へと前面に出てしまうことになります。そして今課題となっている津波対応のL1、L2という定義になると、その砂浜をほとんど潰して建設されることになります。実に残り少ない自然の砂浜は開発によって、さらに失われる環境なのです。そして、昨今の気候変動による高潮など異常潮位や、大型化と頻繁に発生する台風などによって、もともと侵食の危機にあった砂浜がさらに消滅の危機にあります。自然の砂浜が絶滅にもっとも近い環境であることを今、認識する必要があります。

緩衝域

緩衝域とは優しく理解するには、水辺という言葉になります。それは湿地であり、まさに湿地条約が守るべき環境であることは間違いはありません。ラムサール条約が水鳥の条約から、積極的に保全をする条約へと時代を経て成長してきたことから、今、この絶滅寸前の環境をどのように考えるか、私たち市民に託されているのかも知れません。長き海岸線に包まれた日本。まさに海洋国家と名乗るのならば、自然の砂浜という原風景を残すことに意義があることは確かです。

※1海岸線延長)日本:「海岸統計(平成24年度版)」外国:「U.S.Central Intelligence Agency,The Factbook 2012」

※2 平成10年3月 環境庁自然保護局

 

今後、懸念される砂浜の消失?

過去、100年間で世界の平均海面は200cmも上昇していました。

過去の海面上昇率

今後、二酸化炭素など温室効果ガスを抑制し、よほど努力したとした予想がブルーのRCP2.6です。
最悪ケースの場合はRCP8.5のオレンジラインになります。

予測される海面上昇率

三村 砂浜消失率

udou

Bruun rule

Disappearance rate

20cm

60cm

80cm

 

LINK: 砂浜を守るために!!砂浜再生プロジェクト

LINK:ウミガメのさと浜を守ろう!!