NPO法人表浜ネットワークは、みなさまからの支援と寄付で活動が支えられています。

沿岸・海洋の自然保護、砂浜の保全と、そこに住む生き物たち。その尊い自然と、海につながる私たちのために!


 ウミガメを砂浜の指標に、私たちと自然の共存を目指して!今、次世代の子ども達のために私たちがつながる!!

P1090267


このアカウミガメの涙は・・・・
アカウミガメの涙は良く知られています。しかし、この涙は・・・。実は下の写真のように波消しブロックに填まり込んでしまい、窒息して死んでしまったアカウミガメなのです。なんと波消しブロックの間に填まってしまい、運悪く川が流れ込んでいたために・・・・頭から突っ込んでしまったこの親ガメ、この時は残念ながら発見したときは、既に溺れて死んでしまっていました。アカウミガメは体が海を泳ぐようになっています。それは砂浜の上では後に下がることが出来ないということに。前に進むしかないアカウミガメの悲劇です。こんな悲しい実情を何とか防ぎたい・・・。

P1090245この写真の母親ウミガメは産卵におとずれて、あやまって波消しブロックに挟まって死んでしまいました。

海岸の生き物たちは言葉を話すことは出来ません。もちろん、この母親のウミガメも助けを呼ぶことは出来ませんでした。産卵に来ただけなのに、思わぬところで、波消しブロックの穴に落ち込んで窒息して死んでしまいました。見つけた時は既に息絶えていたのです。このような事例、実は人知れず起きていることもあります。また、孵化した子ガメにも、同様に障害となっています。このような事故も実は特別なことではないのです。

このアカウミガメを見つけた瞬間の映像です。早朝の巡回調査中(タートル・トラックの記録)に発見しました。残念ながら、既に息絶えていた状況です。

この映像は、見つけた段階が早く、何とか生存していた親のアカウミガメの救出映像です。

未明の巡回にて、波消しブロックにトラップされた子ガメを助け出す。

なぜ?こんなことが起きているのか・・・

海岸の護岸はもちろん海岸を守る目的で造られています。しかし、良く調べて見ると過剰な護岸だったり、実は海岸を守る効果が無かったりと、実に過去に設置された場合、よく意味が判らない状況もあったりするようです。そもそも、砂浜じたいが、緩やかな傾斜と沿岸砂州が沖にあり、波に対しても、打ち消す能力を持っていることが、最近の科学では判って来ました。自然の砂浜は再生能力も持っているのです。 それではなぜ?こんな事が続くのでしょうか? それはやはり、このような事実が知られていないことが一番大きな理由でしょうか。ウミガメは言葉を話すことができないのです。誰かが、この事実を伝えなければいけません。

そこで、表浜ネットワークの取り組みは!!

この現状を何とかしたい・・・もし、ウミガメに少しでも、砂浜を返すことが出来たら、ウミガメは持続性をもって保護することが出来るでしょう。その自然環境は決して、私たちと関係の無い世界ではありません。私たちにとっても、たくさんの恵みを与えてくれています。表浜ネットワークは、そんな意味でもアカウミガメの地道な調査と砂浜の保全活動に取り組んでいます。

そこで海と砂浜を愛する人たちにお願いです!

表浜ネットワークは、未来の子どもたちに、美しい表浜海岸を伝える為、海岸環境について調査などによる現状の把握やその結果に基づく環境教育、海辺での遊びを行っています。また、海洋、沿岸域の保全については、国際的な情報も必要であり、世界的な枠組みなども視野に入れて、表浜海岸の保全を考えています。

Think globally, act locally:広域的な視野で地域の活動をする。

地域の活動では、地元の高校や大学、企業、地域の産業を含める地元住民との連携を大切に活動をしていますが、また全国における他の団体との交流も重視し、情報の発信や共有を図っています。

この様な活動は、全て、企業や団体、個人の皆様からご支援を頂き行っています。

ご支援の方法

(1)会員登録として登録する

会員の種類(年会費はありません)
正会員 :5,000円/年
一般会員:3,000円/年
賛助会員:50,000円/年

  お振り込み先
  【振替口座】番号:00830-2-64237
        加入者名:特定非営利活動法人表浜ネットワーク

会員の種類やメーリングリストへの希望の有無をチェックし、お振り込み下さい。

(2)グッズの購入

ウミガメなどのファンドステッカー:@600円
Tシャツ:半袖2,300円
Tシャツ:長袖3,300円

1236053_519847368092508_1700095094_n


その他、ご寄付については、随時受け付けております。

ご支援をよろしくお願いいたします!!

iProtect ステッカーファンド

このiProtectシリーズは、アカウミガメがいつまでも産卵に来る砂浜環境を保全する為のファンドステッカーです。

アカウミガメ

kame.jpg
愛知県の東に位置する表浜海岸は、5月ごろからアカウミガメが上陸産卵し、8月末頃まで続きます。辺りが真っ暗な砂浜に親ガメが、ゆっくりと産卵する場所を求めて丘陵に向かいますが、途中消波ブロックに行く手を阻まれることもあり、その場合は体の向きを変え、再び産卵できる場所を探します。場合によっては何度も何度も体の向きを変え、出来るだけ砂浜の奥へ行こうと試みますが、産卵出来ずに帰海するものや、波打ち際で産んでしまうものもいます。ブロックの切れ目が見付かるまで何時間もブロック沿いに彷徨い続けたタートルトラック(足跡)は、私たちに訴えるかのように見て取れます。

P1040751.JPG

アカウミガメの産卵は、後ろ足で器用に約60cm程の穴を掘り、100〜120個の卵を産み落とし、また後ろ足で埋め戻すこと約1時間、母親を感じるとても神秘的な瞬間です。それから約60日間後、孵化した子ガメが、月の灯りを頼りに太平洋に出て行きます。第一陣、第二陣には十数匹、その後一斉に元気良く海に向かいますが、自分で殻を破り地上に出て一気に砂浜を這い、黒潮に乗るまでのこの小さな力を使うことが大変重要です。小さな子ガメ達が捕食者のいない真夜中に、力強く海に向かう姿は、産まれてすぐ独り立ちして生きていかなければならないという自然の摂理の厳しさを目の当たりにするシーンであり、このプロセスを容易く変えてはならないと思わせます。

私たちの活動は、皆様のご支援により支えられています。ご入会、寄付へのご理解を頂けたら幸いです。

企業様へ:社会貢献活動の協力をさせて頂きます。

(例)アカウミガメのふる里をキレイにしよう!ビーチクリーンアップ
ウミガメ講座と合わせて行います。
アカウミガメ保全ファンドステッカーをご利用頂ければ幸いです。

アカウミガメの他にコウボウムギ・ミユビシギ・ハマヒルガオ・カニの4種類があり、1枚600円で販売しております。100枚以上ご購入頂ける場合は1枚500円で販売させて頂きます。

ご希望の方は、メールでお求め下さい。
office#omotehama.org (#を@にメール時は変えてください)
また、豊橋の下記のお店でも購入できます。

BAKERY+CONFECTIONARY アンジェリカさん

(豊橋市中岩田1丁目15-21)

P7080026.jpg

http://www.sweetsangelica.com/

コウボウムギ

P1100297.jpgIMG_7166.JPG

ミユビシギ

P1100298.jpggallery10.png

クロベンケイガニとアカテカニ

kani.jpgfri21.jpg

ハマヒルガオ

hamahiru.jpghamahirugao.JPG

支援や寄付に関するお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文